リターンライダー奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨時の各部点検&バッテリーメンテナンスとデイライト。

<<   作成日時 : 2017/06/25 06:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

梅雨時の週末、相棒の各部点検とバッテリーメンテナンスをした。
エンジン系、駆動系、サスペンション系、操作系、灯火類は点検にて特に異常は無かったが、ツーリングにあまり出ていないので、案の定バッテリーの端子電圧を測定すると12.48Vと出た。メーカーの要項表で照合すると、目安の値であるが、12.4Vでは充電状態は60%とのこと。よって、バッテリー充電と相成った。まあ、これは仕方がない。相棒も呆れ顔である。
バッテリー充電の基本は、車体からバッテリーを外して充電することである。これはバイクでもクルマでも同じである。
画像

バッテリーの配線を外すと、特にデジタル式メーターの時計等の数値がくるってしまうが、車載配線したままの充電はなるべくしない方が良い。それが嫌なら、自動車用品店で、電池式のメーターセーブの用品が販売されているので、それを使用すれば良い。
自分が使用している密閉タイプバッテリー(制御弁式VRLA)の充電器は、クルマとバイク併用式であるがバイクの場合、電流値は最大1.5Aまでである。微電流であるし、充電器の使用説明書には、フロート充電等で、専用配線をバッテリー端子にボルトオンし充電可能と記載されているが、 車載のままで充電した場合、不意のショートがあると、最悪、車両火災だってあり得なくない。やはり、安全を考えれば、バッテリーは車体から外し、充電をした方が良い。バッテリーメーカーもそう奨励している。
現行バイク(勿論クルマも)のバッテリーは、殆ど密閉制御弁式(VRLA)であるが、このバッテリー、従来型とは構造が違い、取り扱いが非常にデリケートなのである。なので、バッテリーメーカーの取り扱い説明書、また充電器メーカーの取り扱い説明書は熟読した方がいい。過充電は禁止、急速充電も禁止である。取り扱いを間違えると、寿命が短くなったり、場合によって内部が破損する可能性も有り得る。

何故、こう自分がバッテリーにうるさいと言うと、自分がバイクに乗り始めた昭和50年代初期は、バイクのバッテリー上がりとパンクによく悩まされたからで有る。なので、ツーリング先でバッテリーが心細くなることも有ったのである。まあ、当時はセルフスターターが装着されていても、バッテリーの消耗を防ぐため、常にキックがけをしていたので、完全にバッテリーが上がってにっちもさっちも行かなくなることは無かったが・・・。 クルマも押しがけなんてよく有った時代だったのである。
画像


ところで、事故軽減のため、バイクのヘッドランプ常時点灯は、確か1998年(平成10)頃に義務化されたと覚えているが、それ以前は特に規制などあった訳で無く、ライダー各自の主観で行っていた。警察やバイク雑誌等は奨励していたが、逆にクルマ業界やクルマ雑誌界隈では、日中におけるバイクの常時点灯が、四輪ドライバーの幻惑を招くと言う反対意見もあったのである。

ヨーロッパ諸国では、緯度が高いと言うこともあり、クルマのヘッドランプ常時点灯を法制化した国が多いが、日本では、国情の違いもあってクルマのヘッドランプ常時点灯は特に法制化はされていない。一部の運送会社や、バス・タクシー会社で実施しているところもあるようだが、まだまだ一般化している訳ではない。
でも、灯火類のLED化が進んで来て、バッテリーへの負担軽減と言うこともあり、最近、ヘッドランプの常時点灯をしているクルマも見かけるようになった。また用品店で「LEDデイタイムランプキット」となる物も販売されている。 また今後、欧州車に見られるようなデイライト(昼間走行灯)を装備した新型車も販売されて行くと思われる。クルマも事故軽減のためヘッドランプ常時点灯、もしくはデイライトが普及し、事故軽減に繋がることを願いたいものである。
なお、個人的にクルマにおいてであるが、ヘッドランプの常時点灯より、デイライト(昼間走行灯)の普及の方が望ましいと思っている。JAFメイト誌でも取り上げていたが、特に都市部の夜間走行においてのハイビーム走行の奨励の件も有る。勿論、ヘッドランプの常時点灯の基本は、自車の存在をアピールすることであるが、ハイビーム/ロービームの適正使用による他車や歩行者への幻惑防止と言う配慮は必須であろう。 (^^)v

補足
車両の灯火類については、道路運送車両法の保安基準第42条および第48条の規制がある。また、昨年平成28年 (2016)の10月、道路運送車両法保安基準第124条で、昼間走行灯(デイライト)の保安基準が告示された。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨時の各部点検&バッテリーメンテナンスとデイライト。 リターンライダー奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる