リターンライダー奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年・第3回 V-Stromミーティング in 浜松  参加ツーリング その2

<<   作成日時 : 2017/09/06 04:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

最初は、二輪ジャーナリストのノア・セレンさんと、スズキ(株)の二輪車設計部門のエンジニアさんお二人と、テストライダーさんお一人とのトークショー。
画像

新型のV-Strom650と1000を開発されたエンジニアさんの開発苦労話、テストライダーさんの思いなど興味深い話だった。V-Strom250は、主にお隣中国においての販売をメインに開発されたそうである。
質疑応答ではライダー側からはヘルメットホルダーの標準装備を望む声と、シート高さ軽減の声が有った。エンジニアさんによると海外ではヘルメットホルダー自体が、ヘルメットの盗難予防にならないとのこと。国内と海外では、国情、社会状況によるユーザーの意識の違いがあると思える。またシート高さに付いては、全体像のデザインからシート高さを決定しているので、シートをあまり低く設定するとデザイン上よろくしないとのことであった。

次は、我らがおじさん族のヒーロー、賀曽利さんの出番である。 賀曽利さん、御年70歳になられたそうである。よって花束贈呈と相成った。
画像

賀曽利さん、V-Strom250で、70歳記念の日本一周ツーリングの最中とのこと。東京日本橋から静岡県浜松まで、すでに5000km 走ったそうである。えっ、東京〜浜松は約270km である。なぜ5000km ? 賀曽利さん、途中で林道と言う林道をすべて走破しているので距離を稼いでいるとのこと。さすがは冒険家である。
また、今までの武勇伝の数々を語ってくれた。その中で面白いのは、290日間の国内ツーリングで、3000湯の温泉に入ったとのことである。その数え方も、温泉のお風呂場の数では無く、あくまで温泉地を一つをカウントすると言う数え方である。つまり、草津温泉で一つ、道後温泉で一つ、別府温泉で一つと言う訳で有る。一日当たり約10湯くらい入らなければならず凄いと言うしかない。対談のお相手は、浜崎さんと雑誌タンデムスタイルの谷田貝編集長。
画像

自分は冒険家である賀曽利さんのファンなので、質疑応答の時、手を上げ 「私はリターンライダーであります。今から3年前にリターンしました。その時に選んだバイクが2代目のV-Strom650でした。でも、リターン直後はいろいろ悩むこともありました。そんな中、第1回のV-Stromミーティングに参加して、賀曽利さんのお話を聞いて、勇気を頂きました。今ではリターンして本当に良かったと思っています。賀曽利さんのおかげです。本当に有難うございました。」と感謝の意を申し上げた。 (^^)

トークショーはこれで終わり、次は「遠くから来たで賞」と「じゃんけん大会」である。ミーティングも佳境に入った。
画像

「遠くから来たで賞」の東は、福島県、茨城県、札幌のライダー氏が名乗りを上げが、圧倒的に札幌からのライダー氏が優勝した。うむっ、かのライダー氏、第1回の時、11月なので北海道ではもうバイクに乗れなくて、飛行機で来て参加したライダー氏ではないか。司会のセレンさんにすっかり覚えられていて、セレンさんから「札幌さん」と呼ばれている。今回は札幌からはるばるV-Stromで来られたそうである。
西は、大分県と長崎県から来たライダー氏が名乗りを上げた。お二人とも九州からの参加である。距離的に長崎の方が遠いとのことで、優勝は長崎からのライダー氏だった。
最初はVで始まる「じゃんけん大会」は、今回は協賛企業が多く、なかなか良い景品が多かった。まあ、自分はじゃんけんは弱いので全滅した。(^^;

楽しい時間はすぐ終わってしまうもの。 午後2時を回り、ミーティングも終盤である。
株式会社スズキ二輪の濱本英信社長による閉会宣言。
画像

濱本社長によると、第2回の参加台数は431台、今回の参加台数は557台、(参加総人数は780名)だったとのことで、ミーティングは大成功とのこと。参加ライダー諸氏から思わず歓声があがった。濱本社長からは「来年も実施します」とのお言葉があった。
最期は参加者全員集合写真で締めた。

帰路につく参加ライダー諸氏。
画像

見送ってくれる濱本社長以下スタッフの方々。
画像

画像

自分も、支度を整え、見送ってくれたスタッフの方々、賀曽利さん、浜崎さん、セレンさんに、お礼の挨拶とピースサインを送りながらスズキ本社を出発した。
後方の建物が「スズキ歴史館」である。「スズキ歴史館」の見学は普段は予約が必要であるが、ミーティング参加者は当日の入場券を貰える。自分は第1回の時、見学している。

今回、せっかく浜松に来たのだから浜名湖の風景をみようと思ったので、今回は歴史館には行かなかった。
浜名湖と言ってもかなり広い湖であるし、すでに午後2時を過ぎ、時間的制約もあるので湖の東側にある「浜名湖ガーデンパーク」に行ってみることにした。

浜名湖、中之島大橋手前の駐車場。この先が浜名湖ガーデンパーク。
画像

ここから見る浜名湖の風景は、浜名湖全体の約五分の一程度の広さである。
画像

午後の日差しを受けながら、帰還を開始した。

浜松市街を通り抜け、帰りも新東名使用にて、浜松浜北ICに向かった。日曜日である。新東名の上り線は東京方面に向かうクルマやバスでけっこうな交通量であったが、通常に流れていた。
静岡SAで休憩と、相棒への給油を済ませた。すでに陽は落ちている。ここの電子掲示板で、東名の渋滞情報を見たところ、相変わらずの、厚木ICから横浜町田ICまでの大渋滞と、事故渋滞も発生していることを確認した。掲示板ではこの部分の通過に約3時間と出ていた。 東名のここの区間の渋滞は平日も休日も午後から夜間にかけて長短はあるものの常時発生しており、すでに慢性化している。圏央道が繋がったことや、大和トンネルのサグ現象とか多々言われているが、如何せん首都圏に繋がっているのでクルマの絶対量が極端に多いのも一因である。

と言う訳で、神奈川県中央部の大渋滞を知ったので、もうあきらめの境地で、後は途中のSAやPAに立ち寄り、のんびり帰ることにした。
清水PAで、行きと同じようにクシタニ・カフェでコーヒータイムと洒落込むことにした。同じくカフェオレをテイクアウトし二輪駐車エリアに戻り、カフェオレを楽しんでいると、CBRの女性ライダーさんが駐車エリアに停まった。あれっと思った。見るとやはり朝、下り側の二輪駐車エリアでお会いしたソロツーの女性ライダーさんだった。まあ、こう言うことはツーリングをしているとよく有ることである。聞くと、CBRの女性ライダーさんは、浜松市内で開催されたライテク講習会に参加されたとのこと。自分はスズキ本社で開催されたミーティングに参加したことを話した。帰りなのでバイク談義は短く済まし、「お気を付けて」と女性ライダーさんは去って行った。しばらくさわやかな余韻が残る・・・。

さて、帰りを進む。新東名、東名と順調に進んだ。中井PA付近で小雨がぱらついたが、すぐに止んだ。厚木ICを過ぎ、海老名SA付近で、とうとう大渋滞が始まった。のろのろが続く、バイクにとっては最悪の渋滞である。すでに早朝から活動しているので、体力的に疲労して来ているのは明らかである。よって疲れている身ですり抜け走行など神経を使う走りはもう出来ないし、自分はすり抜け走行はしない方針なのである。この試練は約2時間続いた。
港北PA付近を過ぎると、まるで嘘のように渋滞は解消した。東名東京インターに着いたのは午後10時を少し回った頃だった。帰着は午後11時5分だった。
(^^)v

走行距離 564.7 km    燃費 28.6 km/ℓ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
浜松まで日帰りとは、お疲れ様です。
V-Strom250は興味ある車種なのですが、250にしてはちょっと重いのですが中国市場がメインであれば納得です。
ミーティングできる車種に乗車しているというのは好いですね!
塞翁
2017/09/06 21:12
塞翁さん、コメント有難うございます。
V-Strom250については、スズキ(株)と提携している中国のバイクメーカーからの要望と、中国では250ccクラスが売れ筋とのことで開発したとのことですが、勿論、日本国内の販売とアドベンチャータイプの普及も考慮しているので、乗り易いバイクになっているそうです。

メーカー主催のミーティングが開かれるのですから、本当にいい時代になったと思います。スズキ(株)さんに感謝です。
(^^)v
彗星
2017/09/07 07:11
ミーティングレポート本当にありがとうございます。
仕事の関係で行く事が出来ない浜松ミーティングの様子が色々分かって楽しかったです。
再来年退職したら絶対に参加したいと思っています。
同じVストローム乗りの皆さんと交流できるなんて良いですねぇ。
高速のSAなんかでVストロームと出会ったら、じっとオーナーさんが出て来るのを待って、話しかけたりしますが、中々出会えません。
車検が終わり、秋の行楽シーズン到来ということで、旅したい虫がうごめいています。
アボガド
2017/09/10 23:33
アボガドさん、いつもコメント有難うございます。
ツーリング先のパーキングなどで、同じV-Strom乗りのライダーさんに会うと、やはりうれしいものです。
ミーティングでは第1回の時、約300台のV-Stromが集合し、第2回が431台、今回3回目が557台と参加台数が増えて来ているのもうれしいことです。
皆さんおっしゃるのはロングツーリングに向いているバイクだと言うことです。都内浜松往復くらいは何のそのなのが凄いところだと思います。
賀曽利さんもバイクで楽しむことが大事であるとスピーチしていました。お互いツーリング楽しんで行きましょう。
(^^)v
彗星
2017/09/11 05:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年・第3回 V-Stromミーティング in 浜松  参加ツーリング その2 リターンライダー奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる