リターンライダー奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱根ターンパイクでバイク同士が衝突した交通事故。

<<   作成日時 : 2017/09/15 08:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

9月3日の浜松ミーティングに出かけていたその当日、箱根ではバイク二台が関係する悲惨な交通事故があったとのこと。 もう先々週の交通事故ではあるが、昨日ネットを検索していたら見つけた。YouTubeで検索したところ、テレビでニュース報道された様子である。

その報道によれば、
『9月3日午前8時20分頃、神奈川県小田原市の自動車専用道路「箱根ターンパイク」でバイク同士が衝突し、運転していた48歳男性が転倒。救急車で搬送された病院で死亡が確認されたとのこと。また、別のバイクを運転していた47歳男性と後部に乗っていた男性の息子とみられる16歳の少年もそれぞれ怪我をして、ドクターヘリや救急車で病院に搬送された。現場は片側1車線のカーブで、警察は現場の状況などから、死亡した男性のバイクが対向車線をはみ出した可能性があるとみて、事故原因を詳しく調査中。』 とのこと。
残念なことであるが、当事者一人が亡くなった交通事故である。今回はバイクとバイクである。

放映された事故現場の映像だけでは状況の詳細は分からないが、双方のバイクとも大型ロードスポーツタイプであった。また映像は報道ヘリコプターの上空からの限られた映像なので、道路の上り下りがよくつかめない。ただ二台とも片方の車線に置かれていたので、当事者によるコーナーにおいてのセンターラインオーバーだろうとは推測できる。如何せん当事者の方お一人がお亡くなりになって居るので、これ以上の推測は慎むべきであろう。本来なら楽しいツーリングで終わったであろう休日が、悲惨な事故で終わってしまったのである。繰り返してしまうが、本当に残念なことである。

「箱根ターンパイク」は、自動車専用の有料道路だけにきちんと整備されおり、道幅も広めで、一部のカーブでは片側二車線になっており、遅いクルマは速いクルマに譲れるようになっている。また頂上の大観山ドライブインは景色も良く、カー雑誌などの撮影会が行われている場所でもあり、クルマやバイクの集合場所でもある。ただ整備されているだけに走り易い。つまり油断するとあっと言う間にスピード超過に陥る要因が存在する道路でもある。確か数年前、あるモータージャーナリストがポルシェに乗り、スピードの出し過ぎで自損事故を起こした事故もあった。(当人は死亡、また下り走行だったはず)。 民営の有料観光道路なので、スピード取り締まりはして居ないかもと思ってしまうが、以前、地元警察による速度取り締まりを見たことがある。 (主に頂上付近の直進路で実施している)

法律には「信頼の原則」と言うことが謳われており、私達は、その「信頼の原則」に忠実でなければならない。
よってセンターラインはむやみにオーバーしてはならないと言うことになる。それは、ドライバーなりライダーは、対向車は自車が走行していればセンターラインを越えないものと言う原則に従って走行しているからだ。コーナリングにおけるスピードオーバーは即、センターラインオーバーに繋がる。自己の走行技術、バイクの性能、道路状況を素早く察知し、適正な速度によるコーナリング走行をしなくてはならない。自分勝手な走行や、対向車が来るか来ないかの賭的な走行は、けっしてしてはいけないのだ。
8月のブログにも書いたが、「伊豆スカイライン」がバイクによる事故多発で、二輪車走行禁止になるかも知れない一歩手前の、風前の灯火みたいな状況なのである。 「箱根ターンパイク」は、その「伊豆スカイライン」のすぐ隣りなのである。
8月のブログでも書いたが、将来のバイク仲間のためにも、我々ライダーは、自らの首を絞めるようなことはしてはならないのだ。


箱根ターンパイク 小田原料金所
画像

2017年(平成29年) 8月1日に、道路名が「MAZDAターンパイク箱根」から「箱根ターンパイク」に戻ったようである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
箱根ターンパイク。学生時代に友達と何度も走りにいった場所なので、懐かしく思い出していました。
人間なので、ミスを犯すことはどうしようもないことだとは思いますが、そのミスによるリスクを少しでも減らすような運転を心がけたいと常々思っています。
私のブログの最初の方等にも書き込みした記憶がありますが、最近のバイクは非常に良くできているので、まるで自分が上手くなったかのような錯覚を覚えてしまいますから、本当に注意が必要ですね。
バイクに乗っていて一番必要なのは・・
息子曰く「自制心」だそうで、心の隙間が生じないようにこれからも努力したいと思っています。
アボガド
2017/09/16 22:13
アボガドさん、いつもコメント有難うございます。
ご指摘とおり、最近のバイクは非常に高性能で、自分達が若い頃乗っていたバイクとは比べものになりません。ご子息様のおっしゃられた「自制心」まったくその通りだと思います。
バイクでツーリング、本当に楽しいことです。それは常に無地に帰って来ることが一番であって、事故を起こしたら最悪の場合、大切な命を失うことになってしまいます。
自戒を込めながらですが、安全運転、安全ツーリングに心がけて行きましょう。
彗星
2017/09/17 06:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱根ターンパイクでバイク同士が衝突した交通事故。 リターンライダー奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる