リターンライダー奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 仲秋の信州

<<   作成日時 : 2017/09/27 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

信州北部に冬期登山の件で、下見と所用があったので行ってきた。時間的に帰りが午前0時を過ぎる可能性もあり、今回はクルマを使用した。なのでバイクによるツーリングレポートとは言えず、単にレポートでありご容赦頂きたい。

時間的な配分で、蓼科、霧ヶ峰、方面に寄り道しながら行くことにした。仲秋のビーナスラインを見たいと言う下心もあった。
平日なので中央道下りは特に渋滞はせず流れていたが、何故か観光バスが多い感じがした。都内の石川PAは混雑はしていなかったが、談合坂SAのパーキングは平日なのにクルマとバスで満車状態。(逆にバイクは少なかった)
しかし、混んでいたのはSAだけで、本線は空いており、午前中の早い内に諏訪南ICに到着し、エコーライン、大門街道経由で白樺湖へ。

仲秋の蓼科山と白樺湖
画像

その後、女神湖へ。
ここはすっかり秋の雰囲気だった。
画像

女神湖を泳ぐカモ、秋を感じる湖水。
画像

女神湖畔から望む車山
画像

女神湖からとって返しビーナスラインへ。
富士見台駐車場から望む中央アルプス方面、草原にはススキが目立つようになっていた。
画像

車山肩から望む霧ヶ峰湿原、草原や湿原は、緑から黄葉、紅葉に移行する一歩手前であった。
画像

八島湿原から国道142号線、20号線、岡谷ICから中央道に入り、安曇野ICで降りた。

ガラス工芸の安曇野アートヒルズミュージアムへ。
画像

店内で、一口グラスを購入した。

そのまま、国道147号線で大町市経由白馬村へ。
冬期登山の下見と所用を済ませると、もう午後4時を過ぎていた。秋の日暮れはつるべ落としのごとく夕闇が迫って来た。
白馬村八方口から望む夕暮れの白馬三山。
画像

帰りは、行きと同じく147号線を南下し、安曇野ICで中央道に乗り、高速道の深夜割引を利用するため、途中でSAで休憩と、仮眠をとりながら (こう言う時はクルマは楽である) 午前0時を越し、午前1時には帰着した。


安曇野アートヒルズミュージアムで購入した一口グラス。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仲秋の信州 リターンライダー奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる