バイク用自動車保険とJAF日本自動車連盟

自分はいわゆるリターンライダーである。登山もやっているので若い頃より体力や運動神経が落ちていることは実感している。その体力と運動神経の低下は、事故に繋がる可能性が高いのも事実である。無事故運転には努めているが、最悪の事態を想定してバイク用自動車保険にも加入した。
四輪車の自動車保険でも同じことが言えるが、昨今の損害保険業界の再編と保険販売の自由化も進み、保険会社が事故以外のサービス、特にロードサービスや故障時の救援出動などの付加価値を付けて他社との商品差を打ち出すのは資本主義社会であるので仕方がないでろう。
バイク販売店も独自に事故や故障時の救援体制を整えている全国展開の販売会社である。
勿論、従来からJAFにも加入している。
よって救援体制が3ヶ所となる。実際にロードサービスが必要になった際、何処を選べば良いのやらとあれこれ迷うかもしれない。

故障時のロードサービスと言えば何と言っても代表格はJAF日本自動連盟であろう。四輪車に乗り始めてからJAFに加入している。加入期間も30年を超えている。その間、四輪車のバッテリー上がりで2回ほど利用した。JAFは毎月JAFMateなる雑誌を毎月送ってくれる。このJAFMate誌、内容はなかなか面白い。下手なカー雑誌よりよほど勉強になる。10月号は二輪熱再燃!と言う記事が特集で組まれている。まさにリターンライダー当事者として興味深く読ませて頂いた。なるほどねぇ~、そうだねぇ~と言った具合である。
現在のJAFは二輪車のロードサービスもOKで、その救援体制も充実していると宣伝しているが、今から30年以上前は二輪車へのロードサービスはまったく無かった。若い頃バイクの後輪がパンクしてJAFに救援依頼の電話をしたことがあったが断られた。その時はあくまで四輪自動車のためのJAFだったのである。
まあ、それも今は昔であろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック