自動二輪免許 その2

自動二輪免許の改定で、晴れて中型限定ライダーとなった自分だが、あこがれのホンダCB350Four購入のための資金はアルバイトを頑張ってもなかなか貯まらない。そうこうしているうちにカフェレーサータイプのCB400Fourの最初期型が市販された。だがそれは排気量が408ccで中型限定免許では乗れなかった。免許の関係でホンダは排気量を398ccにストロークダウンし、中型限定免許でも乗れるCB400fourⅠとⅡを販売した。Ⅰはローハンドル仕様、Ⅱはセミアップハンドル仕様だった。CB400Fourの登場でCB350Fourは生産中止となった。

CB350Fourの柔らかい感じのスタイルと、兄貴分のCB750Four譲りの4本マフラー、ロングツーリング向けのアップハンドルが気に入っていた自分としては、カフェレーサースタイルのCB400Fourはいまいち何ともだった。ホンダの他のバイクでは伝統のOHC、4ストローク、2気筒エンジンを搭載したCB350Tがあったが、今度は4気筒エンジンにこだわりが向いてしまう。またCB400Fourは当時はまだめずらしかった6速トランスミッションだった。
ライバル車はヤマハRD400、スズキGT380、カワサキ350SSと、全部2ストロークエンジン搭載車と言う時代だった。
結局あれこれバイク選びに悩んでいたが、夜勤のアルバイトや学習塾のアルバイトと励んで、セミアップハンドル仕様のCB400FourⅡを購入したのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック