自動二輪の免許は保持し続けた。

空白期間における免許更新で、自動二輪は保持し続けた。やはり心の片隅にバイク復帰への思いもあったのだろう。
しかし片方で、今度バイクに乗ったら年齢的な体力低下や運動神経低下のために事故を起こす可能性もあるのではないかと言う思いも否めなかったのである。
ではその空白期間の余暇の楽しみに何をしていたかと言うと登山だったのである。実は登山歴も長いのである。自分のバイク乗りのジャンルはいわゆるツーリング派である。ツーリングも登山も知らぬところに訪れると言う共通の部分がある。
まあ、エンジンの駆動力による移動か、自己の体力による移動かの差が存在するが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック