リターンライダー奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS メンテナンス

<<   作成日時 : 2014/10/26 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

相棒のV-Strom650にはメインスタンドが標準装着されていない。サイドスタンドのみである。アドベンチャーツアラーと言うジャンルのバイクはオフロード、トレール車からの派系意識が強いのであろう。従来からオフロード、トレール車はサイドスタンドだけであった。と言ってもV-Strom650はオンロードとしての要素も強く、ディアルパーパスとか、マルチストリートとかマルチロードとか、どうもいろいろな名詞が有って本当に迷ってしまうが、かと言ってスパースポーツタイプと言う訳ではない。個人的にはツーリング向きのオフ的要素もあるロードスポーツと言ったところだろうか。
前置きが長くなってしまったが、ロードスポーツタイプのバイクにはメインスタンドが装着されていて当然だった時代の昭和のリターンライダーである。サイドスタンドだけではチェーンなどのメンテナンスに困ってしまう。定期点検時にバイク販売店に任せてしまうと言う方法もあるが、やはり自分でもメンテナンスしたい。メインスタンドが無ければメーカーオプションのメインスタンドを付けるか、別途メンテナンス用スタンドを購入するしかない。
結局、あれこれ考えて、メンテナンス用スタンドを購入する方を選んだ。
画像

画像


このJ-トリップ社のメンテナンス用スタンドは良く出来ている。リヤアクスル部の貫通穴にシャフトを通してセットし、片足でスタンド端を地面側に押しつければ、簡単にバイクが上がる。注意点はフロントブレーキをマジックテープか何かストッパーを使いブレーキを効かせ、ハンドルを左方向に切っておくことくらいである。外し方は、フロントブレーキを解除してハンドルを真っ直ぐにし、サイドスタンドを出して、前に軽く押すだけである。
但し、このシャフト式だとチェーン清掃と給油は出来るが、チェーン調整はリヤアクスル部にバイク自身の荷重が架かっているので出来ないと思える。その際はL字型受けを別途揃える必要がありそうである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メンテナンス リターンライダー奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる