「三ない運動」と言うのがあった。

昭和40年代後期頃から「三ない運動」と言うものが始まった。確か「バイクに乗らない」「バイクを買わない」「バイクの免許を取らない」で有ったような記憶がある。自分の通った私立男子校はこの「三ない運動」実施校であった。しかし近所の都立高校はバイク通学OKであった。排気量規制も無く、50ccの原付から250ccの軽二輪、350cc、550ccの自動二輪まで校内の駐輪場に並べてあって実にカラフルだったのを記憶している。
学校に隠れて免許を取り、通学には使用せず個人的に乗りまわしていた同級生もいたが彼は退学処分覚悟のうえだった。
勉学を旨とする高校生はバイクどころでは無いはず。と言う理論も成り立つが、16歳から自動二輪の免許を取得することが出来ると言う国民の権利を一方は抑え、もう一方は逆に尊重する。まさに私立と公立の差を思い知らされた。
当時は大学の学園紛争も収まった頃で、その余韻から都立高校は自由な気風が残されていた様な気がする。男女共学で制服も無く私服で通学していた。自分の通った私立男子校は明治時代創立の旧制中学の伝統を受け継ぐ質実剛健を旨とする私学であり、校風はかなり硬派であったのでバイクなど以ての外と言うことであった。
よって前述の私のバイク歴が19歳からと言うのは高校を卒業してからバイクの免許を取ったと言うことであり、これは「三ない運動」様々のおかげである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック