ピースサイン (^^)v

自分と同じリターンライダーで、ほぼ同世代で、同じV-Strom650ABSに乗っているアボガドさんのブログで、ピースサインのことが記事に載っていた。返答率は10回中1回とのこと。
アボガドさんも指摘していたが、ピースサインは自分達の世代では、ツーリングに行けば、当たり前のように、すれ違いざまにピース!(^^)v とお互いに出し合っていた。勿論、街中走行ではピースサインはあまり出さなかった。業務でバイクに乗っている人もいたからだと思う。
ピースサインの形に、特に決まりごとは無かったけれど、概ね左手で ピース!と対向するライダーに分るように出していた。
自分は過去バイクで北海道ツーリングに4回行っている。最初の北海道ツーリングは、確か昭和52年の夏だった。CB400fourⅡに乗っている時、自分のバイクの師匠であるCB500Fourに乗っていた高校時代の友人と2機で行った。宿泊はほとんどユースホステルだった。その時のツーリング走行中は、ピースサインのオンパレードだった。
その後、平成となり、30歳代の時はヤマハのXJ750Dに乗っていた。その時は2回、北海道ツーリングに行っている。その時もピースサインは出していた。ピースサインは比較的返って来たと記憶しているが、でも何となく以前より少なくなって来たなぁ~と言う印象は残った。
当時、レーサーレプリカ全盛時時代はすでに過ぎてしまった頃だったが、当時でもレーサーレプリカタイプのバイクは多く走行しており、飛ばしているレーサーレプリカライダーからはあまりピースサインは戻ってこなかったような記憶もある。確かにあのハンドル位置だとピースサインは出しにくい。
でもリターンしてから分ったが、スーパースポーツのライダーにピースサインを出すと、ライダーからはピースサインではないもののヘルメットぺこりで返ってくる場合がある。であるのでバイクの形状違いが原因とは思われない。
また昨今、大型バイクの大勢力とも言えるハーレー集団に、ピースサインを出すと、戻って来る場合もあるし。
まあ、総合的にみてツーリング中のピースサインで返ってくる率は特に集計している訳ではないがおおよそ半々であろう。
自分のピースサインへの思いは、同じバイク乗りとしての連帯感である。お互い頑張ろう!お互い気を付けて!お疲れさん!と言った具合である。
でもピースサインを出すと言う行為が嫌だと言うライダーも居るかもしれない。またピースサインを出し合うと言ったことをまったく知らないライダーも居るかも知れない。リターンしてからツーリング先でピースサインを出して、一体何のこっちゃと言う仕草をしたライダーも居た。でもそれは仕方がないことである。返事を期待のピースサインは自分勝手な思いかも知れないからだ。

でも、でもですよ・・・。この自分のブログを読んでくださっているライダーさん達にお願いしたいのですよ、ピースサインをもっと出そうよ。広めようよ。 もちろん、yaeh!も大歓迎です。
おじさんリターンライダーの切なるお願いであります。(^^)v

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アボガド
2014年12月07日 21:00

実は、本日淡路島一周ソロツーに行ってきたんですが、ピースサインの返答率は約50%でした。私と同じようにトップケースをつけていかにもツーリング中っていうソロの人は、なんと100%の返答率でしたよ^^
それと、大型バイクが後ろから来ると道を譲るようにしてるんですが、追い抜きざまに手を挙げて挨拶してくれます。
あれって、格好いいなぁなんて思います。
お互いピースサイン復活、頑張りましょうね。
彗星
2014年12月12日 18:52
コメント有難うございました。
やはりソロツーリング同士だとピースサインを出し易いのですね。私も後方から追い付いて来たバイクには、道を譲るようにしています。その際に同じ様に、手で挨拶してくれるライダーさんにはすがすがしさを感じます。
お互い気持よく行きたいものです。(^^)v
2016年04月03日 16:20
はじめまして。
気持玉をいただいた「simofu1118」です。
情熱も知識も無く免許を取ったので、よく分からなかったのですが、
バイク乗りは対向車線のバイクにピースを出すというのは、
その昔、知り合いから聞いたことがあります。
ですから、私も、道を走っていたら
ピースされるものと身構えていました。
ところが、2ヶ月間バイクに乗っていて、
ピースされたのは、昨日が初めてでした。
残念ながら今の私には、
ピースされても返す技能と余裕がないので、
昨日は頭を下げるだけでした。

町中は無理にしても、
今度から、山の寂しい道ですれ違ったときは
思い切ってピースしてみようと思います。
「かがみは先に笑わない」
というそうです。
私が先にしていれば、
いつかはみんなに伝染していくかもしれません。

ピースをするためだけのツーリングとかしてみようかな(笑)。
昭和世代のお役目かもしれませんね。

琵琶湖の周りの山道で、赤いゼルビスに乗って、
調子に乗ったおばさんがピースしてきたら
それは私です(笑)。

では、いつかどこかですれ違えることを願って。
2016年04月04日 22:17
simofu1118さん、はじめまして。コメント有難うございます。
自分は女性ライダーさんがもっと増えることを願っておりますので、女性ライダーさんのブログにはエールを送るようにしております。

ピースサインは自分がバイクに乗り始めた昭和50年代は、さかんに出し合っていました。特にツーリング先のワインディングロードでは当たり前のように出していました。それがリターンしてから知ったのですが、今はあまり盛んではないと言うか、絶滅危惧種みたいな状況に唖然としました。おじさんライダーの独りよがり、昔は良かった等の回顧、みたいに思われてしまうかも知れませんが・・・。
それでも、自分はピースサイン復活に向けて積極的に出して行く所存です。勿論、返事は期待していません。でも返事があればうれしいものなのです。ですので、自分は逆に出されれば必ずお返事のピースサインを送るようにしています。
ピースサインは、出し易い場所、出しにくい場所があります。ワインディングのコーナリング操作中ではお互い出しにくいし、ハンドルから手を離すと最悪転倒の危険性もありますので、コーナーとコーナーの間のストレート部分で出し合うのがベストです。出す方は対向車が出し易ように、早めにピースしアピールすると返答率も良いです。
勿論、ピースサインが一番良いのですが、simofu1118さんのように「ヘルメットぺこり」も有りだと自分は思います。
バイクの運転技術の向上は免許を取った後から始まります。これは四輪車でも同じことだと思います。練習頑張ってくださいね。お互い安全運転でバイクライフを楽しんで行きましょう。(^^)v

この記事へのトラックバック