初冬の箱根ツーリング

初冬早々からの大陸性寒気団の張り出しで、北日本東北、中越北陸、信州、日本海側、四国山間部などは降雪で、一部の交通網が停止しているとのこと。逆に関東地方南部の天候は晴天と言う状況、その晴天を利用して箱根ツーリングに行って来た。
いくら晴天と言っても、都内の早朝の気温は3~4度。V-Strom650のフリーズインジケーターが点灯している。暖気運転はまだ早朝時なので、あまり長く続けられない、近所迷惑にならないように最低限のエンジン回転数を保ちつつ出発した。都内幹線道路は早朝のためかまだ空いている。そのうちフリーズインジケーターは消灯した。気温はメーター読みで7度、順調に都内幹線道路を走行し、第三京浜に向かう。第三京浜、横浜新道、国道1号と進んだ。
途中横浜市戸塚区辺りだろうか、朝から県警のパトカーが出動し道路左端で、なにやら事故処理中。車の流れは右側車線に寄せられ若干の渋滞。事故現場を通過の際見れば、国産1000ccクラスの大型バイクとワンボックスタイプの商用車との事故だった。大型バイクは大破状態で、すでにライダーは救急車で搬送されていたみたいだった。事故現場は悲惨である。事故は他人事ではない。あらためて安全運転を肝に命じたリターンライダーである。
藤沢市内の国道1号で、朝の渋滞に遭遇するも比較的短時間で通過、新西湘バイパスにて茅ヶ崎市を西進した。見れば正面に真っ白に冠雪した富士山が恐いくらいの威圧感でそびえていた。さすが「日本一の山」である。実に堂々としている。新西湘パイパスにはPAがないので、冠雪した富士山を撮影できないのが残念!新西湘バイパスはまだ西湘バイパスに繋がっていないため、途中大きく南方向にカーブし、国道134号線に出た。
この134号線、昭和50年代初期の頃、土曜の深夜から日曜の明け方にかけて、暴走族が縦横無尽に暴走の限りをつくした道路である。さらに乱闘事件が発生した場所でもある。現在は一部はまだ整備中であるも対向4車線の道路に整備されつつある。東側の江の島~鎌倉間は湘南の超メジャーな観光地であるため大渋滞のメッカであり、はまればにっちもさっちも行かなくなる場所である。
今回は箱根が目的地なので西進。馬入川(相模川)を超え、平塚市、大磯と進み、西湘バイパスに入った。西湘バイパスは観光道路として昭和40年代初頭には出来ていた道路で懐かしい。西湘PAで休憩。しばし初冬の太平洋を眺めた。

西湘PAにて
画像


関東地方のライダーにとって神奈川県や伊豆方面は、冬のツーリング先として定番になっている。それは40年前とほとんど変わっていない。西湘PAは初冬のツーリングを楽しむライダー達でけっこう賑わっていた。
画像


西湘PAから鎌倉方向の相模湾
画像


西湘PAから伊豆方向の相模湾
画像


冬の青天の西湘パイパスを走行中、気温はメーター読みで14度まで上昇していた。さすが海沿いである。小田原から箱根ターンパイクへと進み、料金所(ここはETCはない)の職員さんに途中凍結はしていないかどうか聞くと、朝方は一部凍結していたけど、今の時間帯ではもう大丈夫とのこと。ほっとはしたものの、夏秋ではない。スピードは控えめに峠道を上った。それでも四輪車は猛スピードで駆け上がる。通行料のもとを取り戻そうと思うのか?そう言う四輪車は相手にせず、さっさと道を譲るリターンライダーである。
箱根の山は、一部に黄葉が残っているものの冬模様に入っていた。ターンパイクの終点の大観山パーキングで休憩。気温はメーター読みで3度であった。

大観山パーキングとマツダスカイラウンジ。
スカイラウンジの中にあるクシタニカフェは11月末までの営業なのでもう閉まっていた。
画像


大観山から望む、箱根芦ノ湖
画像


ちょうどお昼の時間帯だったが、箱根山上空に雲が出てしまい富士山が隠れてしまった。雲が無ければ、青線のように富士山が見えたはず。(^^;
画像


パーキングで出発準備をしていると、なななんとCB400Fourが自分の隣に停車した。タンクも自分が若い時乗っていたのと同じ赤色である。あまりの懐かしさにしばしCB400Fourを凝視。そのライダーさんに話しを聞いたところ、当時アメリカに輸出されたCB400Fourを逆輸入したそうだ。自分が若き時にCB400FourⅡに乗っていたことを話し、わずかな時間だったがバイク談義をした。
そのライダーさんの了解を得てCB400Fourといっしょに私のV-Strom650を撮影。
画像


大観山の気温は道路標識の気温計表示では1度。V-Strom650のフリーズインジケーターがまた点灯した。暖気運転後、都内や神奈川の渋滞を避けるため早めに帰京に付いた。ほぼ来た道順に戻った。途中、休憩を入れながらも順調に帰路を進み、第三京浜で雲行きがあやしくなり小雨が降ったが、すぐに雨は止み、都内は一部幹線道路の小渋滞があったものの午後4時20分には帰着した。
本日の走行は221km、燃費はメーター読みで26.3km/ℓ だった。

なお、箱根や西湘は首都圏に近いメジャーな観光地のためなのか、ツーリングと思われるライダーに、ピースサインを出してもほとんど返ってこなかった。帰りの国道134で、自分を追い抜いたV-Strom650のライダーと同じ機種ということで挨拶をしたくらいだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アボガド
2014年12月08日 23:30
うわぁ 良い天気で気持ちよさそうですねぇ。
それにしても14度とは暖かいなぁ。
四国でも平地で7度でしたよw
いつか絶対に富士山が見える場所をツーリングしたいという気持ちが沸き上がってます。
羨ましい限りです。
彗星
2014年12月09日 20:07
アボガドさん、コメント有難うございます。
西湘PA~小田原間がお昼少し前、ちょうど気温が上がってきた頃でした。箱根の大観山での白い富士山に期待していたのですが、雲が出てしまい残念無念。
アボガドさんの淡路島一周ツーリングの記事も良かったです。強い横風には自分もビビります。(^^;

この記事へのトラックバック