1989年の北海道ツーリング その1

昨年ブログを開始してから念頭に置いていたのが、過去4回行った北海道ツーリングの時に撮った写真の捜索であった。そう思っていた矢先、年末の大掃除の際に1989年の時の北海道ツーリングの写真が見つかった。今から26年前の平成元年、ゴールデンウィークの連休を利用してのツーリングだった。
この当時、自分は30代初め、会社では若手の中堅所として頑張っていた時期であった。勤務先は8月のお盆時期の夏休みが無い業種業界だったので、北海道のツーリングとしては一番適している夏の時期に長期の休暇は取れず、やむなくGWにての計画と相成った。それでも出来る限りの休暇を取得しての北海道ツーリング計画だった。
この当時は東京港と苫小牧港を結ぶ「日本沿海フェリー」が有り、行きはこのフェリーを使用した。乗船した船は「さっぽろ丸」か「えりも丸」のどちらかである。ちなみに当時の「さっぽろ丸」の諸元を記載。
船名 : さっぽろ丸
総トン数 :11097トン
主要寸法 : 全長164m 型幅24m 型深14.2m
主機関 : ディーゼル 14000馬力×2基
航海速力 : 22.2ノット
船客定員 :808名
竣工 : 1974年(昭和49年)
東京港発が23時30分、苫小牧港着が翌々日の早朝5時30分だった。(乗船時間は30時間)

1989年4月30日早朝の苫小牧港 ヤマハXJ750Dと自分。
当時はアナログカメラでの撮影だった。カメラはジャーニー・コニカ。
画像

ヤマハXJ750Dの諸元
全長 × 全幅 × 全高: 2170mm × 730mm × 1365mm
車両重量: 231kg
エンジン型式: 空冷、 4ストローク、 DOHC、 2バルブ、 並列4気筒 748cc
最高出力: 70PS/ 9000r/min
最大トルク: 6.2kgfm/ 7000r/min

このバイクはフルカウルが標準装備され、デジタル表示メーター、燃料供給はフューエルインジェクション、後輪への駆動伝達はシャフトドライブ式だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

アボガド
2015年02月01日 22:27
北海道。ライダーにとっては聖地ですよね。北海道は過去2回巡りました。でもバイクじゃありません。1度目は学生時代。仲間とレンタカーで1週間一周ツアーをやりました。2回目は子供がまだ小さかったころ、家族で道南を回りました。でも、最終的にはバイクで走りたいというのが今の夢です。死ぬまでに絶対に行きたいと思っています。
彗星
2015年02月04日 00:04
アボガドさん、いつもコメント有難うございます。
年明け後も冬眠状態で、相棒のV-Stromも私の根性無しに呆れているかも知れません。なななんと古い写真を探し出し、ツーリングレポートを書いている次第で、まったくの言い訳です。
実は私もバイクツーリング以外に、登山やスキーなどで札幌やニセコ、富良野に行っています。冬の北海道も良いのですが、やはり花が咲き乱れる夏季の北海道は格別です。いつか相棒のV-Stromにも北海道の自然を見せてやりたいです。
お互い夢に向かって頑張りましょう!(^^)v

この記事へのトラックバック