リターンライダー奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日野オートプラザ訪問 その1

<<   作成日時 : 2015/03/21 03:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スズキ歴史館、ホンダコレクションホールの次は、八王子市にある「日野オートプラザ」に行って来た。この「日野オープラザ」は、現在トラックバスメーカーである日野自動車の製造した車両やエンジンなどを展示した施設である。よって当然ながらオートバイ等の自動二輪車の展示は無い。
日野自動車の研修施設である「日野自動車21世紀センター」(通称:シャノン21)の中に併設された展示館である。
画像

入るといきなりレトロなトラックのお出迎えである。このトラックはTGE-A型トラックと言い、日野自動車の前身である東京瓦斯電気工業が1917年(大正6)に製造した水冷4気筒ガソリンエンジン(4400cc)を搭載した積載量2トンのトラックである。但しこの展示車はレプリカとのこと。何と言っても大正時代のトラックと言うところがすごい。
画像

このエレベータで2Fに上がると、展示場の入り口である。
画像

展示場受付とミニカー展示棚。
画像

日野トラックのミニカー。
画像

日野自動車が誇る戦後昭和の名車、コンテッサ1300DX と1300クーペのミニカー。日野自動車は昭和40年代までは乗用車も造っていたのである。勿論、自分も少年時代、リアルタイムで日野のクルマは見ていたし、乗ったことも有った。
画像

戦前の日野自動車のトラック、バスなどの歴史を語るジオラマである。
画像

同じく戦後のジオラマ。
画像


展示場のメインホールに吊るされた「航研機」のソリッドモデル。航研機とは戦前、東京大学航空機研究所の設計した長距離航空試験機のことである。
日野自動車の前身である東京瓦斯電気工業が製作し、昭和12年(1937)に初飛行、翌昭和13年(1938)、陸軍の指導と支援のもとに長距離周回飛行の実験を行った。周回飛行コースは、木更津→銚子→群馬県太田→神奈川県平塚→木更津、と関東地方を左回りに周回した。1周401.759kmで、このコースを29周回した。総周回航続距離10651.011km、総飛行時間62時間22分49秒、平均速度186.192km/h だった。
画像

画像

航研機の諸元
全長:15.06 m
翼幅:27.93 m
全高:3.14 m
主翼面積:87.3 平方m
自重:4225 kg
全備重量:9200 kg
発動機:川崎 BMW 液冷V型12気筒ガソリンエンジン
     870ps/1850rpm
     搭載×1発動機 希薄燃焼式リーンバーンエンジン
     総排気量45800cc 圧縮比7.3
プロペラ:直径4.0m SW 1型
最大速度:260 km/h
乗員:3 名

その2に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日野オートプラザ訪問 その1 リターンライダー奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる