ビーナスラインの山岳展望

資格試験の受験勉強の真っ最中、ツーリングはおあずけ状態。(^^; ブログの更新もままならないが、現在進行中のツーリングレポートでは無いものの、息抜きのため、ストックしていた画像でブログ更新と洒落込むこととした。
前回、前々回に引き続き、またしてもビーナスラインのことで恐縮である。
ビーナスラインは今や非常にメジャーなツーリングスポットになってしまった感も否めないが、メジャーになった理由はその景観にある。日本列島のほぼ中央を南北に流れる糸魚川静岡構造線に沿って、3000メートル級の日本アルプスが連なり、八ヶ岳、富士山と日本を代表する山岳を展望出来るからである。
また、首都圏、中京圏、関西圏からも容易にアプローチ出来る高速道が完備されているからと言う理由もある。人が集まれば、何かといろいろな事象が起こるのは当然のことである。自分が今問題視しているのは自然保護と道路保全(メンテナンス)のことである。
ビーナスラインは現在無料化されているが、以前は通行料金を徴収していた。有料の時代と無料の現在の最大の相違点は、道路のメンテナンスの状況である。地元の市町村もメンテナンスを出来る限り実施しているのであるが、部分的に荒れが目立つ箇所もある。ビーナスラインの中核部分と言える車山付近、富士見台付近、霧の駅付近、美ヶ原方面などはよく整備されていると思えるが、蓼科側の一部分など状況に追い付いていない感も否めない。冬季の除雪などに費用がかかると言う理由も有るのかも知れない。また山中で有ること、長く続いた不況などの経済的理由もあるのであろう。他の山岳観光地のオーバーユース問題等も参考しながら、霧ヶ峰や蓼科の自然保護や、ビーナスラインの道路整備保全も再検討する必要性を感じる今日この頃なのである。
勿論、多種多様の考え方が有るのは当然のことである。

ビーナスライン富士見台からの山岳展望。
北西方向には北アルプスが連なっている。
画像

西側には中央アルプス
画像

南には八ヶ岳連峰が真近にそびえる。
画像

話しはそれるが、昨夜の地震には少々驚いた。地震が止んで真っ先に駐車場に向かい、V-Strom650が倒れていないかどうか確認した。倒れては居なかったが、在宅していたからすぐに確認出来た訳で、外出中だったらきっとやきもきしていたのでは無いだろうか。歳をとって心配性になってしまった感も否めないリターンライダーである。(^^)v

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

アボガド
2015年06月02日 00:16
なるほど、無料になって嬉しい反面、道路が荒れるのは悲しいですね。私の個人的な意見では、もう一度有料化して、その日本一美しいビーナスラインを保護するべきだと思います。だって、その美しい道の恩恵を受けるのは、その道を利用させてもらっている人々だと思うからです。
でも、きっとその選択は無いんでしょうね。
美しい自然を守るのも壊すのも人次第ですね。
地震、揺れが凄かったんですね。四国はほとんど感じなかったんですが、最近なんか怖いですねぇ。
2015年06月02日 21:53
アボガドさん、いつもコメント有難うございます。
私も有料化には同感です。世界文化遺産に登録された富士山もまだ登山者の任意ですが、入山料の徴収をしております。勿論、以前の有料道路の時のように蓼科区間、霧ヶ峰区間、美ヶ原区間ごとに徴収していた時とは違い(記憶が正しければそのように数回に分けて徴収をしていた)一括で昔よりは安くすればと思うのですが、もう無料化した以上なかなか難しいと思います。ご指摘の通りです。
また気になるのは、白樺湖周辺の観光ホテルで廃業して、そのままになっている建物も有ります。そのうち廃墟と化すかも知れません。
首都圏直下型がもうそろそろ来るかもしれないと言われていますからやはり地震が有ればビビります。(^^;

この記事へのトラックバック