リターンライダー奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 晩秋の甲信慣熟ツーリング

<<   作成日時 : 2015/11/13 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

晩秋である。紅葉シーズンも終わり、冬支度にはいる直前の甲信地方に今年最後の慣熟ツーリングに行ってきた。慣熟走行とは読んで字の如し運転を慣らすことだが、交通機動隊の白バイも出動前に行っている署内の慣らし運転のことを慣熟走行と呼んでいるらしいが、自分の場合はこれをもっと拡大解釈し、よく行く甲信地方の山岳ワインディングロードの慣熟走行を目指したものである。平たく言えば「あのコーナーはこう曲がる」「あの場所でブレーキング、あの場所でアクセルを入れる」と言った各所を確認しながらの場慣れのための走行である。まあ、もうすぐ来春まで甲信地方のワインディングロードは走行出来なくなるので今期の走り納めでもある。
中央道の渋滞を避けるため早朝に出発。調布ICから入り順調に走行し、明るくなって来た頃には釈迦堂PAに着いていた。PAの二輪駐車場には国産バイクが並び、我がV-Strom650とはライバル車種に相当するヤマハのアドベンチャーツアラー新車種MT09-TRACER と初めてのご対面となった。
画像

W650、MT09-TRACER、 Ninja、V-Strom、と国産バイクが並ぶ。圧倒的存在感を醸し出している某大軍団はこの先の八ヶ岳PAに集合していた。
中央道は諏訪南ICで降り、いつも寄っている原村808で一休み。時間的にお昼前なのでモーニングセットと洒落込んだ。
画像

原村808のカフェから我がV-Strom650ABSを望む。
画像

大門街道から女神湖へ、すっかり晩秋の湖だった。
画像

ビーナスライン富士見台駐車場にて、隣にはハーレーグループが5〜6台居た。自分よりは少しばかり先輩のシルバー世代のグループだった。どちらともなくバイク談義になった。大阪のハーレーグループで、一泊の信州ツーリングとのこと。関西の人の方が庶民的なのであろうか?江戸っ子系統の自分も同じく下町の庶民である。そこが合い通じるので有ろうか、あまりバイクの外車国産車を意識しないでバイク談義が出来たことがうれしかった。まあ、もともとはお互いバイク好きなんだから意識してもあまり意味が無いと思える。何でもピース精神だよね(^^)v
画像

ビーナスラインに行くのはピースサインを出したいがためでも有るが、この日は対抗する1台のソロツーライダーから積極的にピースサインを出された。いつも自分から出している方なのだが、出されればうれしくなって必至に返事のピースサインを送るリターンライダーだった。ピースサイン復活に向けてピース!(^^)v 
ライダーのみなさん、ピースサインをもっとだそうよ〜(^^)v

霧の駅。隣のオフロード車は、広島から来た大学生のツーリングライダーだった。昨今、すっかりシルバー世代が占めてしまったような観が有るバイク界隈であるが、若いライダーに会うと自分自身が新鮮な気持ちになる。若いライダーがもっと増えたら良いのだが・・・。さわやかな学生ライダーさんだった。(^^)v
画像

霧の駅から引き返し、大門峠を下り、エコーライン、八ヶ岳高原道路経由して八ヶ岳南麓を回り、県営まきば公園に出た。ここもすっかり晩秋の牧場であった。
画像

この時期、まきば公園にはあまり観光客はいなかった。
画像

国道141佐久甲州街道に出て野辺山に向かった。
野辺山高原は気温8℃で晩秋も晩秋、冬間近のようだった。ヤツレン工場の売店でパック入りのチーズケーキを買った。
画像

ついでにヤツレンの牛乳工場の見学もした。
画像

八ヶ岳もそろそろ雪を被るかもしれない。
画像

この日は甲信地方にいつもより長い時間滞在したため、帰還開始が遅い時間帯になってしまった。案の定、中央道の渋滞につかまり、帰着したのはすっかり陽も暮れた頃だった。


最近のリターンライダー登場。
お気に入りの信州方面は冬に入るため、冬期は降雪が無く路面凍結しない地域にツーリングに行く予定。
冬はツーリングが厳しい時期ですが、防寒装備を決めて安全運転に徹してバイクライフを楽しんで行きますねぇ〜。(^^)v
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりのレポートありがとうございます。
良い天気に恵まれて最高ですね。
今年は暖冬みたいなので、南国四国ではまだまだ山岳ツーリングが楽しめそうです。
でも、結局今年も本州上陸とはいかないようです。
憧れのビーナスラインは・・・
きっと退職したからになりそうです。
当面は彗星さんのブログを見て、妄想を広げることにします。
アボガド
2015/11/23 22:54
アボガドさん、コメント有難うございます。
リターンしてからどうもビーナスラインなどの信州方面のワインディングロードへのツーリングが多くて、次が湘南(西側)および箱根方面となっております。道が分かると言う理由も有りますが、首都圏は何かと渋滞が多発するので、あまり知らない地域で渋滞に捕まることを自分は忌避してしまうのえす。渋滞は疲れるので・・・。ですので、ついなじみの場所に行ってしまうのです。(^^;
ビーナスラインは昭和50年代初期は美ヶ原までは繋がっていませんでしたし、有料道路でした。また中央高速も調布から大月まで、(その後、勝沼まで出来ました)甲府地域は高速が貫通していませんでした。韮崎〜小淵沢が先に出来ていて、つぎはぎ状態でした。なので当時、ビーナスライン日帰りツーリングの場合は丸一日がかりで行った記憶があります。平成バブル期より前でしたのでまだそれほど観光開発化されていませんでした。白樺湖周辺もまだのんびりした観光地と言った感じでしたし、女神湖は森の中にぽつんと有った湖でした。観光開発もあまり進むと世俗化してしまうことが残念でもあります。
アボガドさんの四国ツーリングレポートが素晴らしいのは、美しい四国の山岳や海辺を疾走する状況が、目に浮かぶようだからです。(^^)v
彗星
2015/11/24 19:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
晩秋の甲信慣熟ツーリング リターンライダー奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる