ノスタルジー・750ナナハン

天気予報で関東地方は北部が雪、南部は雪(みぞれ)か雨とのことであったが、今のところ南部は小雨で雪は降っていない。休日なのにどこにも行かず籠っている。お天気のせいにして言い訳ですねぇ~(^^; よって朝からファイルの整理をしていた。リターンしてから撮影した画像を見て「あーでもない、こーでもない、まだ保存していようとかもういらないとか、記録媒体に移そうとか・・・」
そんななか、展示館やモーターショーなどで撮影した昭和50年頃に走っていた750ナナハンの画像からノスタルジーに浸ってみた。


カワサキ Z1 2015年東京モーターショー 展示車
この展示車は当時輸出車であった900ccのZ1であるが、Z2はこのZ1の排気量を750ccにスケールダウンし国内販売したバイクだった。なお外見はほとんど同じである。よって代用したことご容赦を頂きたい。画像は昨年のモーターショーで撮影したもの。
画像

今はモーターショーとモーターサイクルショーが分かれて開催されているので、モーターショーではバイクの出展は少な目であったが、カワサキブースのZ1の前は見学者が多く、人が途切れた瞬間を狙って撮影した。
自分が乗っていたのはこの初期型の後に出たZ2Aで、フューエルタンク、サイドカバー、テールカバーの色が濃紺色(やや緑がかった紺色だった)、上部黒ライン(白の縁取りあり)下部はゴールドラインで、そのラインはテールカバーにも描かれていた。
画像


ホンダドリームCB750Four ホンダコレクションホール展示車
ナナハンの最正統派は何と言ってもホンダドリームCB750Fourである。この雄姿は若き頃の自分のあこがれ、まさにドリーム・・・。さらにホンダF1、プリンスR380の活躍は昭和世代のおじさんにとっては夢・ドリームであった。
自分が限定解除審査で乗って受かったのが、この後継車であったカフェレーサースタイルのCB750FourⅡであった。
画像


スズキ GT750 スズキ歴史館展示車
今、スズキ車に乗っているから何ともなのであるが、昭和50年初期に限定解除審査で使用されたこのGT750に対する思いは複雑である。試験でGT750に乗った時はすべて全滅したのである。2ストロークエンジンの吹上りは鋭く、スロットル操作は難しかった。車両重量は重く、また車体も大きめで自分の体格、身長では無理があった。言い訳がましいが、ほんとこのバイクには泣かされた。でもそれだけに懐かしさもある。
当時望月三起也氏著の『ワイルド7』のテレビ実写版で、主人公飛葉たちワイルド7たちの乗るバイクがこのGT750だった。
画像


ヤマハTX750  参考画像1972年型
この画像は参考資料であることをご容赦頂きたい。当時、TX系バイクのことは「テックス750」とか「テックス500」とか呼んでいた。
ATGの映画『星空のマリオネット』で故三浦洋一演じる悩める主人公が乗っていたのが確かTX750だったような・・・。間違いだったらご容赦を。 このバイクは旭の風防(プレスライダーが使っていた)がよく似合っていたのを覚えている。
CB400FourⅡに乗っていた時、とあるライダーとバイク談義していたら彼は「僕のバイクはテックス400だよ~」と言って二人して大笑いしたことがあった。若かったころの思い出である。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

板さん!
2016年03月05日 06:15
TX750以外乗った事が有るが、Z1をバイク雑誌で見た時は、あまりのスタイルの良さに感動してしまった。続いてZ2の750も出て、欲しかったね?友人たちは、Z2をアップハンドルに改造したりしていた。Z2は、数年後中古35万くらいで買えたが、免許制度が変わり、限定解除しないといけなかったので、断念した。今にして思うと、買っておけばね!CB750KO後期型の青タンクも有ったが、金欠で、レスト前に売却。水冷GT750は、ローギアで、100kmまで、いけたね。750の全盛期でしたね。カワサキ750SSも、恐ろしい加速と振動。
ブログ見たら、欲しくなりました。
彗星
2016年03月07日 11:02
板さん、コメント有難うございます。
あの時(昭和50年)の自動二輪免許改訂は自分達の世代に取っては晴天の霹靂のような出来事でした。750(ナナハン)第1期ブームと言っても過言ではないような時期でしたね。
限定解除審査はこの国の行政が規制を基本にしているから起こったことで、これにより国内主要メーカーは国内より輸出車に重きをなし、国内ではその後、250クラスや400クラスのレーサーレプリカの時代に入ってきました。
画像にUPしたZ1、CB750、GT750、TX750、はネイキッドバイク本来の良さと美しさを持っています。この感覚は今のバイクにはないもので「750の全盛期」まったく同感です。

750SS。カワサキのマッハ系は上記の750とは全く別格でした。ただただ凄いバイクとしか言いようがなく、マッハと交差点と並んで青信号でGoしたら気がついたら遙か彼方を白煙を残しながら行ってしまいました(^^;
マッハⅢ系はほんと凄いバイクでした。

この記事へのトラックバック