甲府盆地桃畑速攻往復朝ツーリング

還暦までカウントダウンなこの頃、日曜の天気は良さそうとニュースで報道していたので、雑誌『培倶人』で紹介していた「朝ツー」と洒落込んだ。3月までほぼ冬眠状態だったので、本格的バイクシーズン前の慣熟走行を兼ねて、朝靄の中の桃畑を見に甲府方面にと走り慣れたルートをとり「速攻往復朝ツー」とした。午前4時30分、黎明のうちに出撃。まだ渋滞前の中央高速を山梨方向に進んだ。
石川PAに1本ある桜も葉が出始めていた。空は曇り空だった。早朝の都内の気温はメーター読みで11℃ちょっと肌寒い感じであった。
画像

談合坂SAはバイク専用のパーキングが有るのだが、朝ツーのバイクで混み始めていた。
画像

談合坂SAを出ようとしたら、BMWの3機編隊が停まっていた。この編隊には小仏トンネル走行時に追い抜かれたのだが、BMWには某大軍団が迫って来た時とは何か違う感覚がある。
某大軍団にはアメリカ的おおらかさと言うか開拓民的なもの、あるいはイージーライダーのようなアウトロー的なものを感じるのであるが、BMWはヨーロッパの洗練された技術力と言うか、中世のドイツ騎士団、あるいは普仏戦争時のプロイセン胸甲騎兵みたいなものを感じるのである。まあ歴史好きで、考え過ぎなおじさんのたわごとである。
画像


甲府盆地が見えてから高速を降り、国道20号線甲府バイパスを進んだ。そろそろカフェイン切れと思い、24時間営業のファミレスはないかと国道の左右を探索するも、「えっ、ないよぉ~!」○×△。 最近、ちょっと来ないとお店の顔ぶれがすぐ変わってしまう。時代の早い流れになかなか付いていけない自分にあきれ顔。早朝の珈琲タイムは自動販売機の缶コーヒーであった。
笛吹市付近の桃畑は予想どうり朝靄の中であった。
画像

画像

3000mを越す白峰三山も雲の中でうっすら。
画像

県道を甲府盆地南方向に進み、甲府南ICに近着くと、ナビが「取締り重点地」と警報を出すではないか。(ナビはGPSレーダー探知機能付き) 道路脇を注目すると、県警が速度取締りをしていた。わざとらしく法定速度の10 km以下で通過した。県警さんお疲れ様です。(^^)

さて速攻朝ツーなので、午前中に帰還開始と高速に乗ったが早々に境川PAで休憩。そこへなななんと同機種であるV-Strom650氏が隣に駐機。
画像

V-Strom650同機種のライダー氏に挨拶し、さっそくバイク談義。ベテランとお見受けするライダー氏に聞くと、深夜の内に出発し、国道をもっぱら走って、松本にある史跡を見に行かれたとのこと。ライダー氏の許可を得て、V-Strom650が2台並んで居るところを写した。同機種のライダーさんとバイク談義をするのは、一昨年の「V-Stromミーティング」以来のことであった。短い時間だったがバイク談義に花が咲いてしまった。
V-Strom650同機種のライダー氏に挨拶して出発し、ひたすらに高速を巡航し、帰着したのは午前11時30分だった。

走行距離245 km  燃費31. 2 km/ℓ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ガーデナー
2016年04月12日 22:00
境川PA でお会いした者です。
同じ色のV ストでしたのでツーショットなかなかですね。
お互い安全第一でV ストライフを楽しみましょう。では、いつかどこかの道でピース
2016年04月13日 00:21
ガーデナーさん、コメント有難うございます。また境川PAでバイク談義をさせて頂き、重ねがさね有難うございました。
もうすぐ還暦、健康第一に体力を維持しながら、一にも二にも安全運転に努め、無事故無違反で頑張ります。(^^)v
2016年04月16日 22:43
Vストローム650のツーショット良いですね。
まだ私は、走行中は別として、停止中に同じVストローム650のツーショットに出会ったことがありません。
やっぱり田舎なんですねw
同じバイクの方に遭遇すると嬉しいですね。
彗星さん。
いつか、偶然と機会があったら遭遇したいですね。
2016年04月18日 05:14
アボガドさん、いつもコメント有難うございます。
休日の中央高速はツーリングするバイクが多く、SAやPAの駐車場はバイクでけっこう混み合います。ですので今回のように同機種のライダーさんとお会いすることも有るのだと思います。
自分も何時か偶然ばったりと言うことを信じて、バイクライフと行きましょう。勿論、ピースサイン復活も目指して(^^)v

この記事へのトラックバック