リターンライダー奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 清里・野辺山速攻ツーリング

<<   作成日時 : 2016/07/06 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平年なら梅雨時真っ最中の今、関東地方はどうも降雨量が足りないみたいである。関東北部の水甕である各ダム湖の貯水量もかなり減っているとのこと。そんな天気がはっきりしない中に雨降りに会うか、カンカン照りに会うか、日頃の行いが賭けになるのを覚悟で、折り返し点を清里・野辺山と定め、速攻ツーリングと洒落込んだ。
早朝5時に出撃。夏至も過ぎたこの時期すでに明るいし気温も上がっている。都内の空模様は何とか持ちそうではあるものの、中央高速を西進すれば山梨方向の空模様は曇りである。時間的に下りの中央道はまだ渋滞が始まる前であるので順調に巡航し、談合坂SA、双葉SAと休憩しながら先を進んだ。
双葉SAを出たあたりから上空を見れば黒雲が広がり、ぽつぽつと小雨が降り始めた。八ヶ岳連峰はすっかり雲に覆われている。もしや本格的降雨か・・・と思うも、進行先の空には晴れ間も見える。すでに小淵沢IC手前である。速攻ツーリングは予定通り続行とした。曇り空の中八ヶ岳横断道路を進み、いつもの県立まきば公園で一休み。東側の秩父山地方面の空には晴れ間が見えるものの、八ヶ岳南部は中腹から山頂まで雲がびっしり付いていた。
画像

県立まきば公園からすぐ近くの美し森展望台に行ってみた。
画像

美し森観光案内所で休憩。ここの観光案内所は、素朴な木造で、如何にも山小屋風で自分好みの建物である。案内所の中には、民芸品の販売コーナーや休憩所がある。ここで地元のドングリで作られたマスコットを買った。
画像

観光案内所の上空はすっかり黒雲に包まれていた。この状況では八ヶ岳山中はかなり荒れて居たのではないだろうか。
画像

清里から国道141号線に出て、野辺山高原のヤツレンまで足を伸ばした。ヤツレンでは販売所が移転新築されていた。
画像

ここでおやつにカマンベールチーズどら焼きと牛乳どら焼きを購入した。自分はどら焼きには目が無いのである。(^^)
画像

この時点で午前11時、速攻ツーリングにてここで帰還開始した。国道141号線を南下し、須玉ICから高速に入った。甲府盆地に近づくにつれ、今度は天気が回復しだした。野辺山においての気温はメーター読みで25℃であったが、双葉SAを通過し甲府盆地通過中で気温がメーター読み37℃まで上昇している。夏季用の装備としてメッシュジャケットと胸部プロテクターを装着している。勿論、胸部プロテクターには通気の穴が有るのだが、風通しがいまいちである。
午後の猛暑も懸念され、速攻ツーリングとしたのだが、お昼前で今度はカンカン照りの中の走行となった。途中で持参したスポーツドリングはすでに飲み干してしまった。時間的に帰りの渋滞はまだ発生しておらず、直射日光にさらされながらも談合坂SAに着いて休憩。SAのバイク駐車場はすでに帰りのバイクで満杯状態であった。ここで水分補給とおやつのどら焼きをぱくついた。相棒のV-Stomのシートと装着したバックはあっちぃちの状態になり、気温はメーター読みで42℃にまで上昇。これはやばい。熱中症の危険有りである。こうなると帰りの渋滞に巻き込まれると、周囲の四輪車からの放熱が加わりさらに危ない。と言う訳で早々に談合坂SAを出発した。でもさすがに休日である。出ているクルマは多い。電光表示板で小仏トンネル手前渋滞1kmと表示されていた。ここで若干の試練に遇ったが、トンネルを過ぎれば流れだしほっとした。
順調に走行していたが、八王子ICを過ぎたあたりで、睡魔が襲ってきた。早朝出発の場合、帰りのこの時間帯が一番危ないのである。軽い熱中症でも起こしたのだろうか、「えい!、えい!」と気合い入れをしてもなかなかしゃんとしない。ヘルメットのなかで自作の替え歌テーマソング『走れ彗星リターンライダー♪』を大声で歌うもなかなかどうして。ぐっと気持ちを引き締めてもついウトウトと。でも意識的に先行するクルマとの車間距離は保とうとしているのである。睡魔との格闘が始まった。また何度も「えい!、えい!」と気合いを入れる。やっと睡魔を追い払ったところが調布ICの手前であった。やぁ〜危なかった。そのまま調布ICで降りて、午後2時少し過ぎに帰着した。 (^^)v

これから梅雨が明け、本格的な暑さに入る。毎年の様であるがツーリングにおける猛暑対策、熱中症対策を如何にするかが問われる時期になる。

走行距離 406.5 km   燃費 33.1 km/ℓ (メーター読み)

美し森観光案内所で購入したマスコットの『八ヶ岳・ドングリくん』 素朴でなかなか良い感じである。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清里・野辺山速攻ツーリング リターンライダー奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる