「あおり運転」の考察

「あおり運転」による交通事故や、事故にならずとも喧嘩等の運転者同士のトラブルが後を絶たないと新聞、ニュース等で報道されていた。
You Tubeで「あおり運転」で検索すれば、いろいろな「あおり運転」の実態が動画配信されている。中にはかなり悪質なおあり行為をしている動画もあり、そう言うドライバーのレベルの低さを感じてしまう。
「あおり運転」の原因はその時の交通量、道路状況、自車と他車の位置関係や乗車中のクルマ格差、また運転者の心理状態等が関連しあって成り立っているのが実状ではないだろうか。

では、何故「あおり運転」、「あおり行為」が行われるのか?自分なりに考察してみた。自分なりと言う訳は、警察等のお役所や、もっともらしい言い方をする新聞報道やテレビ・ニュース等の都合の良い解説とは違う論点から二つの場合について述べたい。

「あおり運転」と言う行為に至るには、多種多様なパターンがあると推察する。
その一つには、特に法定速度や制限速度を遵守して走行していても、前方を走行する車両が、制限速度以下、あるいは法定速度以下で走行していたら、当然教科書通り、追い付いてしまうことになる。後続車が速度を先行車に合わせない限り、車間は詰まってしまう。そこに道路状況、構造が関与してくる。仮に、片側二車線や、片道一車線でも中央線が白破線であり、法定速度、制限速度内で、充分追い越し可能であり、前後安全確認OKであれば追い越しとなる。仮にその際、制限速度、法定速度を瞬間的にオーバーしても、追い越しと決めた以上、さっさと追い越ししてしまう方が先決である。
でも、片道一車線で、中央線が黄色実線、道路標識も「追い越し禁止」等を表示していれば、前方の遅い車両を追い越しすることは出来ない。その場合、遅い先行車に速度を合わすしかすべは無い。ただ、そこに車間距離が関係し、必要以上に間隔が詰まってしまうと、先行車にしてみれば、「あおり行為」と受け止められてしまうし、後続車にしてみれば、前が遅すぎて詰まってしまう。けっして「あおり行為」をしている訳ではない、どうしてもそうなってしまうと言う訳である。皆さんも、こう言うパターンはよく遭遇しているのでは無いだろうか。

二つめは、報道されているような、恣意的な「あおり運転」である。もうこれは言語道断、悪質な場合は免許取り消し等、もっと罰則等を厳しくしても構わないと思っている。
自分の場合、クルマは1200ccの日産マーチ、エコカーである。都内の幹線道路等を走行する場合、他のクルマの流れに合わせて走行しており、+αである。けっして自慢するほどの速度遵守宣言車ではない。実際にクルマの流れに合わせた走行の方が走り易いし、交通事故も起こす確率が少ないからだ。そんな自分でもたまには後続のクルマに煽られることもある。エコカーが前を行くのは許せないと、独りよがりの低俗なドライバーがいるのかも知れない。特に、高級日本車、高級欧州製外車などが多いが、自分はそんな低俗な輩は相手にしないようにしている。また、そんな輩は先に行きたきゃ先に行かしている。勿論、車線はよほどの緊急事態でもない限り譲らない、でも低俗な輩は右に左に過度な車線変更し、追い越しして行く。都内幹線道路は法定速度の場合が多いが、捕まれば赤切符間違いなしで輩はすっ飛んで行く。
一般道でも高速道でも、道路交通法が適用される公道なのである。低俗な「あおり運転」や、おっかっけっこなら公道以外の場所でやって欲しい。しかし、サーキットだって規則はあるのだ。サーキット走行するならきちんとサーキット走行ライセンスを取って欲しい。そうすればあおり運転や公道おっかけっこが如何に危険であるか認識できるはずだ。資格を持ったレーサーほど公道では安全運転をしている。一般ドライバーが公道で早くても、所詮は陸の上の水泳に過ぎないことを肝に命じて頂きたいものである。

横道にそれるが、スマホ運転が意外に多いと言うことも触れておく。赤信号待ちの時、渋滞でノロノロ中、瞬時を利用してスマホを見たり、メール打ちしているドライバーをよく見かけるが、警察の交通課に問い合わせしたことがある。警察の見解によると、赤信号待機中、渋滞時は運転走行中の一環であるので、違反に該当するとのことである。
赤信号待機中、青に変わっても発進しないクルマがたまに居るが、スマホ運転である場合が多い。その場合、後続車がクラクションを鳴らすのはやむを得ない。これは「あおり行為」には該当しない。

ここで、先の一つに戻る。
自分の場合、特に一般道走行中、後方からバイクやクルマが迫って来たら、その1の場合だったら、左端によって、道を譲っている。その際バイクだったら、追い越す方は左手でサンキュー合図を送ってくれるし、クルマだったら、サンキュー・ハザードを送ってくれる。勿論、時と場合によっては、逆の時もあるし、譲り方だってむやみに譲るのではなく、安全を見通した譲り方を考えるべきである。

要はお互い様なのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック