とうとう還暦、60歳! (^^)v

自分もとうとう還暦、60歳に相成った。喜んで良いのか、悲しむべきことなのかは個人的な捉え方であろうが、今言えることは、実にあっと言う間だったと言うことで有る。
19歳の時、自動二輪(中型)の免許を取って小型二輪車から乗り始めた。バイクに跨がり、キックでエンジン始動し発進して行く。たった90ccのエンジンであったが、自分の行動半径が広がった感動は今でも忘れられない。その時の自分にしてみれば60歳の自分などまったく想像も付かなかった。それから41年の歳月が流れたのである。

今から2年4ヶ月前、2014年(平成26)の春先にリターンした。勿論、その前の約半年間はリターンするかしないかでかなり悩んだ。バイクは万人向けの四輪車と違い、乗る者に対して技術、体力、反射神経、判断力などを要求する乗り物であるからだ。幸い体力には自信があった。しかし約20年間に渡るブランクは、運転技術の低下を招いたことは否めない。リターンするうえで、もっとも注意を払ったのがこの運転技術の回復であった。リターン直後は人知れず訓練に励んだ。その甲斐有って今は主に300km~500km程度の日帰りツーリングメインのバイクライフを送れるようになった。これは一にも二にも、我が相棒のV-Strom650の性能の良さに助けられてのことである。正に相棒に感謝なのである。

そんなリターン当初、このブログも開設した数ヶ月後の2014年(平成26)11月、某大手新聞誌上に『中高年のバイク死急増・リターンライダーが一因』と言う記事が掲載された。 ありゃりゃ○×△・・・。リターンライダーとは正に自分のことである。
記事を要約する。(切り抜いて保存している)
『警察庁によると、交通事故死者数が減少しているのに、中高年のバイク事故死だけが増加している。若い頃のバイク愛好者が中高年になって運転を再会するリターンライダーの増加が一因。特に40~59歳の層のバイク事故死者数は10年前の倍増。逆に16~39歳の層は半減。この背景にあるのはリターンライダーの増加である。日本二輪車普及安全協会は中高年ライダーは昔と比べて運動神経や判断力が低下している。体力と技量に見合ったバイク選びと安全運転を心がけて欲しい』 
その他、バイク雑誌にもリターンライダーへの事故防止への啓発記事もあった。

これら多々ある記事が言わんとする意味で、一時的にも自分の気勢がそがれたことは否めない。しかしこの逆風、ピンチはチャンスでもある。ならば、警察や二輪車普及会、バイク雑誌などのリターンライダーへの注意喚起以上の、安全運転と体力維持を根底に、謙虚な姿勢においてのリターンをすれば良いではないか。そうだそれで行こうと。ある意味ストイック過ぎる安全運転の徹底、それは一見鈍そうな運転かも知れない。勿論、周囲の流れに合わせることも大切である。しかし世の中、良識有るドライバーばかりでは無いことも事実で有る。過剰に後方から煽られたり、無理な割り込みされたり、幅寄せされたりといとま無い。また、すり抜けるスクーター&バイクの危険行為を目のあたりにもする。確かに瞬間、頭に来てカッカすることもある。自分も弱き人間で有る。感情がむき出すこともある。しかしながら、ここで一呼吸し抑制し、そう言う輩は先に行かせる、けっして同じ土俵には乗らないことを自分に言い聞かせて居る。それはリターンライダーの生き残り術でもあるのだと・・・。

とうとう60歳、自分では自覚して居なくても、加齢による体力の低下は受け入れなくてはならない。30、40、50歳代とは訳が違う。今後のバイクライフは如何に自身の健康を維持して行くかがキーポイントであろう。勿論、無事故無違反、安全運転を続けて行くことは言うまでも無い。
画像

還暦を記念して相棒のV-Strom650と一緒にピース!
ピースサインの復活と普及も今後の目標である。(^^)v

"とうとう還暦、60歳! (^^)v" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント