奈良県のバイク事故。

昨日、早朝のニュースで報道された奈良県の交通事故の概要が分かってきた。

当初は、次のように報道された。
31日午前2時20分頃、奈良県奈良市の国道の高架橋で、大型オートバイ1台と原付きバイク2台が転倒する事故が発生。6人が死亡、2人が重傷を負った。

今日、ある程度の概要が分かってきて次のように報道された。
死亡したのは奈良市の18歳の男性2人と17歳の男性2人、身元のわからない男女の計6人。また、14歳と17歳の女性2人が重傷を負った。
目撃したトラック運転手によると「バイク数台が信号を無視して交差点を突っ切った」「信号が青に変わって進むと、バイク数台が転倒し、複数の人が倒れていた」「1台に複数人が乗っていた」と言う状況だった。

さらに追って、次のように報道された。
奈良市で10代の男女ら8人が死傷したバイク3台の転倒事故で、3台のうち1台は大型バイクで、誰も大型自動二輪車免許を取得していなかったことが31日、奈良県警への取材で分かった。県警は自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)に加え、道路交通法違反(無免許運転)の疑いがあるとみて捜査する。
 一方、死者6人のうち身元が分かっていなかった2人は、奈良市の男性(17)と、市立中学3年の女子生徒(14)と判明。2人が負傷しており、奈良市の女性(17)が外傷性くも膜下出血などで重傷、同市立中学3年の女子生徒(14)が足を打撲するなどの軽傷という。

ニュースの映像で見た限りであるが、1台はロードスポーツタイプのオートバイ、他の2台はスクータータイプであった。特にその中のロードスポーツタイプのオートバイは、原型を留めていないほど損壊しており、機種や大型二輪なのか普通二輪なのか、よく判明出来なかったが、ニュース報道が、大型二輪と言うならそうなのであろう。
8人で3台なのだから、少なくともその中の2台は3人が乗車していたのだろうと推測されるし、免許取得者が実際は何人居たのか?と疑いたくなるような、変な事故である。
ただ、事故原因が現在はっきりしていないこと、6人の尊い若い命が失われたこと、残された親御さんのお気持ちを察すれば、これ以上の論評は避けることにする。
悲惨な事故では有るが、何とも言いようも無い、釈然としない事故である。(--)


この奈良県の交通事故と直接には関係はないことだが、バイクの二人乗り(タンデム)は、昔より緩和されている。但し、車両に後部座席が有るもの、二輪免許取得後1年を経過していること、また高速道では20歳以上、かつ普通二輪以上経験が3年超過していることとか、いろいろ制約はある。
ツーリング時、道の駅や高速のSA、PA、でタンデムバイクをよく見かける。それはそれでけっこうな事である。
但し、自分はバイクの二人乗りはしないし、実際にしたこともない、よってこれからもしないであろう。それは二人乗りをしてしまうとバイクのバランスがなかなか上手く取れないからだ。勿論、慣れも関係しているのであろうが・・・。

奈良県のニュース報道を見ながらこんなことを考えていたリターンライダーであった。

"奈良県のバイク事故。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント