2018年、秋の八ヶ岳&ビーナスライン ツーリング。 その1

9月後半の連休の頃、昨今はシルバーウィークと言うそうな。秋の長雨は昔から言われていることであるが、今年の9月は何か雨ばかりような気がする。関西地方を襲った台風21号による損害は痛ましい。橋の上を大型トラックが強風に煽られ、コテンといとも簡単に横転してしまう映像や、普通車がまるでミニカーが転がるようにくるくる廻ってしまう映像で、自然の猛威に人間は無力であると言うことを再認識してしまった。長い前置きである。


さて、平日に休みが取れたし、お天気も東京地方は曇り後雨なるも、山梨県、長野県は曇り後晴れである。今年度はまだ行っていないビーナスラインに行って、ピースサイン普及の啓蒙活動をしてこようと洒落込んだ。
午前5時黎明に出発、東京の空は雲が厚く垂れ込んでいた。いつものように都内幹線道路から中央道に入り、石川PAで休憩した。
平日であったが、PAの二輪駐車場は5台のツーリンググループで満車。ここの二輪駐車場は狭いので、八王子寄りの駐車場に駐車した。

石川PAにて。
隣のHONDA・シャドウのライダー氏は、これから圏央道経由、東北自動車道で福島に行くとのことであった。
画像

ところで、シャドウのようなアメリカンタイプのバイク形状であるが、この形状は日本ではハーレー・ダビッドソンが原型だと思って居る人が多いと思われるが、この形状は何もハーレー・ダビッドソンの専売特許では無い。アメリカにおいては、この形状がバイク、オートバイで有る。よってハーレー・ダビッドソン社より歴史が古いインディアンもこの形状である。

平日なのに、けっこうバイクが出ていると思った。連休ついでの有給消化かな?なんて思ったが、それなりの年配者ライダー氏ばかりだった。

八王子I.C.を過ぎた当たりから小雨がぽつぽつと降って来た。相模湖付近走行中はそれなりの降雨だったが、本降りまでは至らず、談合坂SAに付いた頃にはやんでしまった。

談合坂SA
画像

談合坂SA
画像

ここ談合坂SAは、休日だとツーリング中のバイクでいつも満車状態であるが、さすがに平日であった。

甲府盆地に入ると、青空も見えて来た。気温も上昇しメーター読み24℃であった。
双葉SAで、朝食&コーヒータイム。
山梨県下は晴れているので、双葉SAの二輪駐車場は平日にもかかわらずほぼ満車状態と言うか、10台位のツーリンググループがミーティングをしていた。
画像


双葉SAから先は、秋の晴天のなかの走行となった。気温24℃の高原地帯の走行は、涼風に包まれ、清々しい。

八ヶ岳PA。
相棒の背後が、名峰「八ヶ岳連峰」である。(最高は赤岳2899m)
画像


中央道は、小淵沢I.C.で降りた。

道の駅 こぶちざわ。
画像


県道11号、通称、八ヶ岳高原ラインを進んだ。
時間的なことも有るとは思うが、以外と対向側から来るバイクが有り、ピースサインを出し続けた。返答率はかなり高く90%くらいであった。

県立まきば公園。
画像


良い天気なので、牛さん達もゆっくり草をはんでいた。
画像


でも。これから向かう、麦草峠のある八ヶ岳は雲の中・・・。
画像


県道11号、八ヶ岳高原ラインから国道141号線に出て、野辺山高原に向かった。

ヤツレン工場の販売所。
画像


ここで、自分の大好物の「どら焼き」を買った。3時のおやつ用である。(^^)
画像


国道141号を進み、本日のメインイベント1の麦草峠に向かった。

その2に続く。

"2018年、秋の八ヶ岳&ビーナスライン ツーリング。 その1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント