テーマ:ノスタルジー編

ノスタルジー、'70年代後半400cc中型バイクが出始めた頃の話。

ななひゃくごじゅうのエンジン♪ 燃えるサタディーナイト~♪ だけどぉーブンブン♪ なんて歌が流行っていた暴走族最盛期から少し過ぎた頃、政権は三角大福のなれ合いの頃、社会は後期高度成長期を駆け上がり詰めたところで第一次石油ショックによる低迷期に入り、その影響も日本社会にまだ影を落としていた1976年(昭51)の春も過ぎた頃、自分はCB4…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノスタルジー、'70年代後半に気になっていた750(ナナハン)

ニュース報道によると、北陸地方では、記録的な大雪に見舞われている様子である。37年前の昭和56年の大雪「56豪雪」(通称・ゴーロク豪雪)以来とのこと。日本海側では昭和38年の「38豪雪」(通称・サンパチ豪雪)もあり、日本海に面し、背後は山と言う地理的な条件と、寒気団の位置で大雪・豪雪になってしまうと言う訳であるが、日常生活に支障が出てお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノスタルジー、80年代に向かって気になっていたバイクの話。

2018年が始まった。年末年始、連休と休みが続き、明日から一般社会は本格的に稼働開始になると思われる。 さて、今回のお題は『ノスタルジー、80年代に向かって気になっていたバイク』である。すでに約40年前にならんとする時代の思い出話である。 このブログで何度も繰り返し書いてきたが、1975年(昭和50)から引き続き、1980年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノスタルジック、バイクの免許を取った頃。

免許の更新をしたと言うことは、還暦後1年が経過した訳で、我ながら月日の早さを感じる今日この頃である。(^^; 梅雨真っ盛りの休日。天気も気になり、また何処にも行くでもなく、注目されている某選挙は朝一番で行ってしまった。なので後は、音楽タイム&コーヒータイムとしゃれ込んだ。ジャズ、クラッシック、POP'S、等々。オーディオもサンスイ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ノスタルジー・750ナナハン

天気予報で関東地方は北部が雪、南部は雪(みぞれ)か雨とのことであったが、今のところ南部は小雨で雪は降っていない。休日なのにどこにも行かず籠っている。お天気のせいにして言い訳ですねぇ~(^^; よって朝からファイルの整理をしていた。リターンしてから撮影した画像を見て「あーでもない、こーでもない、まだ保存していようとかもういらないとか、記録…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マッハⅢ伝説

限定解除のところで2ストロークエンジンのバイクが苦手と書いたが、あくまで自分の個人的見解であって、2ストロークエンジンのバイクを否定している訳ではない。バイクでも四輪車でもトータルバランスであって、設計者がその車両の特性に合わせて、工学的に原動機(エンジン)を設計し、選定し、装備しているからだ。 CB400FourⅡに乗っていた当時、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和のバイク映画

当時『星空のマリオネット』と言う映画を見た。当時の世相を反映した内容の映画だったが、何故か今もって思い出深い作品である。都心の大きい封切り館では無く、都内の狭い映画館で上映していた。ATG系の映画だったような。 ストーリーは、東京近郊のある地方都市、主人公の暴走族のリーダーと、シンナー中毒の少年、奔放に生きる若い女性、リーダーの寡の父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和のバイクCM

昭和40年代中期、自分が中学生だった頃、テレビでホンダのバイクCMが放映されていた。CB250か350エクスポートに男女が二人乗りで、高原のスカイラインを疾走する映像だった。 メロディーも歌詞も全部覚えている訳ではないがリターンライダーとしてツーリングの際に走りながらヘルメットの中でハミングしてるのがこの曲である。上記の覚えている限り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイク雑誌

昭和40年代後期~昭和50年代初め、バイク雑誌は現在のような千万無量ではなかった。 老舗雑誌(月刊)であるオートバイ誌、モーターサイクリスト誌は別格で内容もレベルが高かった。よって立ち読み専門。 ヤングマシン誌(月刊)やミスターバイク誌(確か隔週刊だったような?)はその名通り若年者向けで、親しみやすかったが、立ち読みが多かった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more