テーマ:昭和のクルマ

日野オートプラザ訪問 その3

展示コーナーの最後は、日野自動車の前身である東京瓦斯電気工業内燃機部や、東京自動車工業が製造したエンジンである。 以下は、主にエンジン(発動機)についてのことなので、かなりマニヤックな内容を含むことお許し頂きたい。 ちよだEC型エンジン 排気量:9300cc、空冷式6気筒ディーゼル、最高出力:130ps/2000rpm、 昭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日野オートプラザ訪問 その2

この展示コーナーでは、日野自動車の星子勇氏の紹介が展示されていた。星子勇氏(1884~1944)は戦前、日野自動車の前身である日野重工業において日本の自動車産業の基礎を確立するために努力を尽くした人とのことであった。 乗用車、トラック、バス、の製造以外にも自動車技術の研鑚のため、航空機エンジンの開発製造にも携わり、前述の「航研機」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日野オートプラザ訪問 その1

スズキ歴史館、ホンダコレクションホールの次は、八王子市にある「日野オートプラザ」に行って来た。この「日野オープラザ」は、現在トラックバスメーカーである日野自動車の製造した車両やエンジンなどを展示した施設である。よって当然ながらオートバイ等の自動二輪車の展示は無い。 日野自動車の研修施設である「日野自動車21世紀センター」(通称:シャノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more