テーマ:ビーナスライン

ビーナスラインの山岳展望

資格試験の受験勉強の真っ最中、ツーリングはおあずけ状態。(^^; ブログの更新もままならないが、現在進行中のツーリングレポートでは無いものの、息抜きのため、ストックしていた画像でブログ更新と洒落込むこととした。 前回、前々回に引き続き、またしてもビーナスラインのことで恐縮である。 ビーナスラインは今や非常にメジャーなツーリングスポッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビーナスラインの雪崩と自然保護と事故防止

先週、寄り道したビーナスラインの車山付近の雪崩の状況が気になったので検索してみたら、長野県諏訪建設事務所のサイトに状況が載っていた。 http://www.pref.nagano.lg.jp/suwaken/doro/kisei/0318nadare.html 自分は冬季登山やバックカントリースキーもするので、気象遭難や雪崩などには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪解けのビーナスライン

先週休みを取って、北信地方でスキーをした帰り道、天気が良かったのでビーナスラインの状況を見に寄り道をした。この時は四輪車使用。大門街道から白樺湖方面に向かった。道路はかなり雪解けが進んでいた。 蓼科山も山頂部から中腹にかけて部分的に残雪がある状態。白樺湖も3分の2以上は湖面が出ていた。 八ヶ岳連峰も雪解け開始である。 車山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

霧ヶ峰 ビーナスライン

自分の家は代々の江戸っ子で、一族郎党もほとんど江戸っ子である。コーヒーでは無くコーシィーとなる。親父(故人)は大学時代の友人で長野県の人が居て仲が良かったそうだ。そんな訳で親父は長野県によく行ったそうだ。戦時中に志賀高原でスキーをしたと話していた。登山も好きだったらしいが、槍穂高と言った険しい岩稜帯ではなく志賀高原、霧ヶ峰、蓼科高原、高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more